HOME>注目記事>治療にかかる費用は高額となるため納得したうえで受ける

骨髄を採取して培養することで行われる

医者

脳出血を発症すると様々な後遺症が残るため、できるだけ予防することが重要となりますが、万が一発症した場合、幹細胞治療は可能でしょうか。かつて脳出血で傷ついた脳細胞が回復することはないと考えられていましたが、幹細胞を治療に使用できるようになって変わりました。発症すると脳細胞が傷つき、様々な症状や後遺症が現れるといわれていますが、幹細胞の中でも体性幹細胞を利用した治療が行われるようになっています。患者自身の細胞を培養して治療に役立てますが、骨髄に針を刺して骨髄を少し採取する作業が必要です。再生医療に特化した医療機関で採取して培養し、治療を行うことが可能とされており、多いところでは十数年も治療を行ったベテラン医師がおります。

家族で話し合い意思を確認する

看護師

脳出血を治療するための方法の一つである幹細胞治療は、安全性に関して長年治療に携わっている医療機関でのみ治療を受けることが望ましいです。また、骨髄を採取して培養することが必要となるため、患者の骨髄採取に関して患者本人ないしは家族の許可が必要となります。万が一の時に幹細胞を使って治療を行うかどうか、あらかじめ家族で話し合っておき、本人の意識のない時に治療を行うかどうか聞かれたとき、家族が対応できるようにしましょう。

広告募集中